変形性膝関節症
OA治療 全人工膝関節 片側人工関節

変形性膝関節症は軟骨の劣化や摩耗により軟骨が消失する病気で男性より女性に圧倒的に多くみられます。変形性関節症は軽く痛みがでてはまた無症状になるを繰り返しながら、5~10年の経過で徐々に進行する病気です。軟骨は今の再生医学をしてもまだ完全な回復は望めない物質でものすごい抵抗力と柔らかさをもつ不思議な物質です(軟骨の基礎)。変形性膝関節症は他人事のように思われがちですが、高齢になりますと確実に生じます。65歳以上の高齢者ではたとえ症状がなくてもX線では70%に変形性変化が見られます。

初期
軟骨の多数の浅い亀裂
初期〜中期
軟骨中欠損
中期
膝蓋骨面の軟骨障害 
末期
広範囲の軟骨障害 
※初期関節症から10〜15年で遅くとも15〜20年で高度変形性膝関節症になります
  

X線評価
X線の評価は立位(片足立ち)でのX線で骨と骨の隙間(軟骨の厚さ)が通常5-6mm程度が2mm未満では軟骨の摩耗が著しいと判断されます。変形性関節症の進行度は関節裂隙の距離5-4mm;軽度、4-2mm;中程度、2mm未満;高度と診断します。右のX線写真例は内側が骨と骨が接触し、きわめて高度の変形性膝関節症です。外側はほぼ正常の関節の隙間を呈します。手術中所見では内側は軟骨は消失し、軟骨下骨が露出しています(矢印)が、外側はほぼ正常な軟骨(やや黄色)を呈します。
X線所見
内側高度変形
左記手術所見
内側軟骨消失と硬化
保存的治療
1.ヒアルロン酸注射
軽度−中程度の変形性関節症例には体重減量、筋力訓練、リハビリ、消炎鎮痛剤、ヒアルロン酸注射、足底板装具などが主要な保存的治療になります。治療の中心はヒアルロン酸注射です。変形性膝関節症は一度始まると完全に治すことは難しく、少しでも長く持たせる治療が主体となります。日頃から整形外科に通院し、ヒアルロン酸やリハビリなどの治療を受けると共に進行具合をレントゲンは1年に1回撮影し診断していくことが大切と言えます。

2.血液などによる治療

今までは保存治療の中心はヒアルロン酸注射でしたが、月に1〜2回の注射を一生涯打つ必要があり、通院の時間を考えると患者様にはとても大きな負担です。ヒアルロン酸注射で効果少なくなってきた場合には人工関節や高位脛骨骨切り術を選択するしかありませんでしたが、血小板を多く含む血漿成分の血液による治療により回復される方が多くなりました。(学術詳細



全人工膝関節 片側人工関節 Mosaicplasty



手術的治療(ESK膝関節外科
1.軟骨形成術・修復術
軽度〜中程度の症例に適応があります。剥離軟骨を形成し欠損部にdrillingなどを行う手術です。 Microfracture technique(Steadman 2003)、abrasion arthroplasty(Johnson 2001)、培養自家軟骨細胞移植(Peterson 2002)などがあります。一般にデブリードマン手術と言われます(Jackson2003)。20年以上の経験から変形性関節症の軽いうちに行うと変形性膝関節症の進行を遅くすることできます。最近では軟骨形成術・修復術の術後に多血小板血漿治療を加えていっそう良好な結果が得られています。


2.高位脛骨骨切り術(HTO)
中〜高度の内反変形例で50−60歳台の方に適応です。脛骨上部で骨を切り180−190度になったFTAを170度の外反位にして荷重を外側に移す手術です。10年で80-90%に成績が低下します(Pfahler 2003、Aglietti 2003)。完全な骨癒合までに最低6週〜2ヶ月程度かかり、経年的に徐々に効果が低下する傾向があるため、UKAが発展した現在では価値は低下しています。

3.人工関節全置換術(TKA)
高度変形では人工膝関節が適応になります。人工膝関節は世界で使用され始めて50年になります。術後成績は10年で95-98%(Schroder 2001)、17年で92%(Gill 2001)と、極めて安定した成績が報告されています。人工関節は30年持つ時代になっています。

4.片側人工膝関節(UKA)
内側部分のみ置換する人工関節です。10年で91-98%程度の安定した成績です(Pandit 2006)。全人工関節の成績は10年で95-98%と考えますとほぼ遜色ない成績になっています。傷が小さく、1週間で松葉杖なしで歩いて帰れます。曲がりは正座か正座近くまで90%いきますので安心してお薦めできます。

5.骨軟骨移植術(Mosaicplasty)
膝関節荷重面でない場所から直径4-7mm程度の骨軟骨柱を採取し、欠損した軟骨部分に隙間なく移植する方法でMosaicplastyと呼ばれます(Hangody 2001)。通常40才以下の限局性の軟骨欠損で、面積が4a平方メートルまでの例に適応とされます。荷重は3−4週間後から許可します。時間がかかるため適応は非常に少ないです。