片側人工膝関節
横浜整形外科 膝関節外科 全人工関節
UKA 85歳男性術後X線
   
1. 膝の片側のみの人工関節
2. 手術後翌日から歩けます
3. 術後7日目に松葉杖なしで退院
4. 正座〜近くまで殆どの方が可能
5. 90%の方は20年持ちます
6. 安全な手術で85歳でも可能
7. スキー・ゴルフ・日本舞踊などOK

内側半分の人工関節が片側人工関節(Unicompartmental Knee Arthroplasty;UKA)です。1990年代まではUKAの長期成績の不安定があったのですが2000年以後改良され素晴らしい成績となっていますので、変形性膝関節症の中でUKAが適応の場合TKAよりこれをお薦めします。手術は88歳まで可能で、20年以上持ちます。術後はゴルフ・スキー・ボーリング・ハイキングなどのスポーツももちろん可能です。杖は全く不要となります。手術翌日から歩行可能で、3日目には90度曲がり、5日目頃には120度以上曲がります。術後5日〜1週間目に1人で歩いて退院ができます。退院後のリハビリ通院は全く不要です。殆どの方が2ヶ月で正座可能です。

下記例は85歳男性(上X線写真例)で、84歳で手術しました。正座、あぐら、しゃがみ込みなど自由にできます。術前は毎週整形外科クリニックで治療していたにも関わらず痛みは強く日常生活に支障が出ていましたが、術後は痛みもなく好きなハイキングを楽しまれています。

 
  

ひざ 膝 人工関節専門外来 人工関節センター 人工膝関節 変形 専門医 手術 変形性関節症 人工関節専門 名医 MIS 整形外科 東京 神奈川 横浜 さいたま 埼