人工膝関節手術
  
膝関節外科 動画解説 片側人工関節
  

1.1〜2週間で松葉杖なしで退院
2.安全な手術で85歳でも可能
3.90%以上が20〜30年持ちます
4.スキー・ゴルフ・日本舞踊などOK
     
 
CR type TKA PS type TKA PS type TKA
 
     
変形性膝関節症が高度の例で50〜80歳の方では人工膝関節(Totak Knee Arthroplasty; TKA)が薦められます。近年は80歳以上の方でも手術される方が多くなりました。心臓や重度の糖尿病がなければ85歳まで問題ありません。人工関節の耐用年数は30年以上ありますので50歳を過ぎれば手術は可能です。術後はゴルフ・スキー・ボーリング・ハイキング・サーフィン・登山などのスポーツは問題なく可能です。多少の重労働も問題ありません。杖は全く不要となります。60才で両人工膝関節手術を受けられ、25年後の85才で好きな日本舞踊と旅行を謳歌できている方もいます。入院期間は術後10日〜2週間程度です。手術翌日から歩けて3〜4日目には90度曲がり、14日目頃には120度以上曲がります。退院後のリハビリ通院は基本的に不要です。人工膝関節には入院期間が1週間以内の片側人工関節(UKA)もあります。

手術後の膝屈曲角度
一般に患者様に知られていないのが最終屈曲角度です。我々の結果は患者様の術前の条件が良好であれば145度以上の屈曲、さらには正座も可能になっています。特に両側を手術しなければならない方ではより曲がることを考えなければいけません。一般的な手術1年後の平均的屈曲角度の結果である125度程度ですと、両膝手術では湯船の中から楽に立ち上がることは不可能です。135度以上曲がれば楽に立ち上がれます。より曲がれば、術後の痛さ、固さ、重さなどもほとんどなくなります。特に135度以上曲がる方はより自然な膝を獲得することができます。120度屈曲と135度屈曲ではわずか15度の差ですが結果は大きく違います。

人工関節研究
野村医師は現在までに人工関節置換術の執刀が3000例を超えました。世界的TKAメーカーのSimth&Nephew社と共同研究を2009年から3年間行いました。膝の曲がりをよくするための手術テクニック、よりしなやかな膝関節になる至適テンションの決定、術後癒着を起こさないための工夫、コンポーネントの回旋設置の影響、膝蓋大腿関節での問題点や改善点の研究、膝蓋骨置換・非置換の問題、外側解離術の適応、高度変形に対するCRタイプTKAの適応と問題点などの研究を行いました。


 
  @75歳女 
 術後1ヶ月
左例
X線写真
A62歳女
術後6ヶ月
左例  
X線写真
  
  B72歳男 
 術後3ヶ月

左例
正座可能 

C78歳男 
術後6ヶ月
左例   
しゃがみ込み  
      
 D64歳女
 術後6ヶ月

 E58歳女 
術後8ヶ月
F80歳女 
術後2ヶ月
GOA55歳女  
術後3ヶ月