院長からのご挨拶  横浜整形外科クリニック
045-326-3181


TOP
 
診療の案内

院内の設備

院長ご挨拶

交通アクセス

院長から一言

藤沢整形外科
     
  医師となり慶應大学整形外科医局に入局させて頂き、慶應義塾大学病院の助手に始まり、けいゆう病院、川崎市立川崎病院、さいたま市立病院、国際親善総合病院では医長職・部長職やセンター長をやらせて頂きました。その間に膝関節、骨折、ねんざ、手肘関節、脊椎、肩関節、股関節、足の外科、腫瘍など1万例以上もの患者様の治療・手術に携わってきました。専門の膝関節外科に関しては。国内だけでなく、世界の学会でも多くの研究発表・論文発表を重ねてきました。いくつもの新しい病態や治療法を発見・開発し、自分で手術した患者様を20年以上フォローアップしてきた経験から整形外科の病気は「早期の正確な診断と適切な治療」「再発しないための経過観察と継続的治療」が極めて大切であることを痛感しました。膝関節手術症例6000例以上の経験から人の自然治癒力のすごさもわかりました。しかし、自分で治す力も適切な時期に正しい方向に導いていかないとむしろ悪くなってしまうことや、時間が経ってからではいくら治療をしても回復が困難になります。簡単な病気を除いて100%治る治療というのは存在しません。いかに100%に近づけるかを考え患者様にベストな治療を提供していく姿勢が大切であると考えています。治療法がなければ考案していく必要もあります。最新の革新的治療の多くは世界中の医師が独自に独創的に開発した治療法なのです。私が膝蓋骨脱臼の治療として1990年から世界で最も早くに研究発表してきたMPFL再建術は1995年以前は日本の整形外科学会で全く賛同を得られませんでした。1990〜1993年の私の学会発表で膝関節外科の膝蓋骨脱臼の大御所の殆どの方が否定したことを今でも鮮明に覚えております。1999年に私の『新鮮膝蓋骨脱臼におけるMPFLの病態』の発表がシドニーで開催された国際整形災害外科学会でSICOT/SIROT賞を受賞すると世界は一気にMPFL再建術の研究に進み始めました。2010年になるとMPFL再建術は世界の常識となり日本で批判する膝関節外科医は皆無となりました。今日MPFL再建術は反復性膝蓋骨脱臼における第一選択の手術となっております。世界は医学・医術は医道であると思っています。100%治る治療法を探求して生涯精進、すなわち生涯医学勉強/研究と肝に銘じております。今まで在籍していた総合病院では、急性期治療・手術治療に重点がおかれ、術前の保存的治療にはあまり時間を割けず、術後のフォローアップにも手がかけられず、患者様にとっても医師にとっても十分納得のいく治療ができませんでした。手術後すぐは経過良くても数年以上経って悪化することも多くあります。治療症例の20-25年後までずっと経過を診てきた経験から保存治療でも手術治療でも長期の継続的観察が重要であるとも分かりました。横浜整形外科クリニックを2012年1月に開院させて頂き、総合病院レベルの診断ときめ細やかな保存的治療・疾患の詳細情報の提供・フォローアップを含めた継続治療を患者様のご安心できる形で提供し、患者様に待合室でお待ち頂く間も治療する間もたいへん居心地のよいクリニックになるよう目指して参りました。開院以来5年になりましたが、保存治療・手術治療ともに治療結果に満足しております。2015年9月にはより多くの患者様の健康の回復をお手伝いできるよう分院の藤沢整形外科クリニックを開設しました。お陰様で2016年度は横浜整形外科・藤沢整形外科双方で年間およそ10万人もの患者様に来院して頂きました。膝関節外科手術も人工関節センター長時代を上回る件数をこなしております。これもひとえに多くの患者様に信頼されている証しと思っております。今後も患者様に質の高い医療を提供すると共にホスピタリティーに溢れるクリニックになれるようスタッフ一同目指していきます。地域医療、専門性の高い医療、そして患者様の健康の早期回復に貢献できるように尽くしてまいります。

                           H29.8.15  医療法人栄親会理事長・横浜整形外科クリニック本院長兼任 野村栄貴
                 CEO of Eishinkai Medical Corporation, Head of Yokohama Orthopaedic Clinic  Eiki Nomura, MD PhD 
                                  
 

 
     
  【医療法人社団栄親会理事長】 野村栄貴   
  横浜整形外科クリニック本院長兼任  慶應義塾大学医学博士
【略 歴】
  慶應義塾大学医学部卒  慶應義塾大学医学部整形外科学教室入局
  けいゆう病院副医長(H2.1〜H4.12) 東京専売病院副部長(H5.1〜H8.9)
  川崎市立川崎病院 整形外科医長・形成外科部長・リハビリ部長 (H8.10〜H19.6)
  さいたま市立病院 整形外科部長・リハビリ部長 (H19.7〜H21.3)
  国際親善総合病院 整形外科部長・センター長(H21.4〜H23.12)
  横浜整形外科クリニック開設・同院長(H24.1〜)

  医療法人社団栄親会設立・同理事長就任(H26.12)
  藤沢整形外科クリニック分院開設(H27.9)

【資格・所属学会】
  日本整形外科学会整形外科専門医  
日本整形外科学会スポーツ医学専門医  

  日本膝関節学会会員        人工関節学会会員

  膝21研究会幹事          川崎横浜脊椎運動器研究会幹事            
  国際膝蓋大腿関節研究会正会員    国際関節鏡・膝関節・スポーツ医学学会正会員

【受賞歴】
  慶應義塾大学整形外科学教室前田賞(2004年)   慶應義塾大学医学博士論文(2004年)
  第21回国際整形災害外科学会賞(1999年)

国際的学会の招待講演・賞
  第21回国際整形災害外科学会賞(SICOT/SIROT Award) (Sydney、Australia);1999.4
  
第22回国際整形災害外科学会(SICOT) 招待講演 (SanDiego、USA);2002.8
  慶應義塾大学整形外科学教室前田賞;2004.11
  第7回国際関節鏡・膝関節・スポーツ医学学会(ISAKOS) 招待講演 (Osaka、Japan);2009.4
  KLEOS人工膝関節会議招待講演 (HongKong、China);2010.7

  全米スポーツ医学整形外科学会ライブ手術セッション 招待講演 (Rhode Island、USA);2010.7
  第16回アジアパシフィック整形外科学会(APOA)招待講演 (Taipei、Taiwan);2010.11
  第3回 International Chang Kung Knee Course 招待講演 (Linkou、Taiwan);2011.1
  第84回日本整形外科学会学術総会(JOA)招待教育研修講演(Yokohama、Japan);2011.5
  第8回国際関節鏡・膝関節・スポーツ医学学会 招待講演 (Rio de Janeiro, Brazil);2011.5
  国際膝蓋大腿関節研究会(IPFSG) 招待講演 (La Jolla, USA);2011.7
  第86回日本整形外科学会学術総会(JOA)招待教育研修講演(Hiroshima、Japan);2013.5
  第87回日本整形外科学会学術総会(JOA)招待教育研修講演(Kobe、Japan);2014.5
  第7回日本膝関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 招待パネル (Sapporo、Japan) 2015.6




  Dr Nomura


   Doctor's        Profile


三愛病院 膝関節専門外来


院長活動状況

院長研究業績
 
 

 
横浜整形外科クリニック
TEL 045-326-3181  FAX 045-326-3182
診療案内 当院の理念院長ご挨拶院内設備院長業績院長プログNew膝関節外科 藤沢分院病院なび三愛病院Doctor's File