膝蓋骨脱臼、膝蓋骨亜脱臼、反復性膝蓋骨脱臼、習慣性膝蓋骨脱臼、恒久性膝蓋骨脱臼、急性膝蓋骨脱臼、新鮮膝蓋骨脱臼、膝蓋軟骨軟化症、膝蓋軟骨骨折
膝蓋骨脱臼、膝蓋骨亜脱臼、反復性膝蓋骨脱臼、習慣性膝蓋骨脱臼、恒久性膝蓋骨脱臼、急性膝蓋骨脱臼、新鮮膝蓋骨脱臼、膝蓋軟骨軟化症、膝蓋軟骨骨折
 
   International Patellofemoral Study Group       
IPFSG (International patellofemoral study group) は1995年に膝関節外科に関する研究会として発足しました。この研究会は通常の整形外科学会とは異なり、真に研究するグループとしてその存在意義を基本とします。 メンバーは40-50名ほどの各国を代表する世界的整形外科医です。ほとんどが教授クラスです。Nomura医師はFithian先生の推薦を受け、2002年ローマの研究会でメンバーとして認められました。この研究会ではそれまで、アジア地域のドクターは皆無で、アジア地域で初めての IPFSGメンバーとなりました。IPFSGグループのメンバーは、ミネソタ州立大学教授Arend教授、膝蓋骨の教科書を書いているFulkerson教授、次期ISAKOS会長Neyret教授、軟骨再生の世界的権威Farr教授など著名な世界的膝外科医ばかしです。   IPFSG Home Page


 
   
     
ミネソタ州立大学整形外科アレンド教授と
フランス・ベルコビ先生と(2006)
Fenway Park (Boston Red Sox) (2005) 元コネチカット大学フルカーソン教授
とカルロス先生(2006)
     
  膝の解剖 (2002) Lake of Laman (2004)  ボレトン先生らと (2005)
     
フルカーソン教授
SICOT元会長トンプソン先生 (2003)
Naples in Florida (2003)  フィシアン先生と(2002)
     
 フィシアン先生家族と(2002  青い洞窟 (2002)  スタンフォード大学マーチャント教授
フルカーソン元教授 (2002)
     
 レマン湖畔で (2004) ユングフラウ(2004)   ベリエ先生とフィシアン先生 (2002)
 
   
 
 
三愛膝専門外来 膝蓋骨脱臼詳細 横浜整形外科