前十字靭帯再建術
 
横浜整形外科 ESK膝関節外科
 
 
1.ACL再建術は内視鏡手術
2.術後5日で松葉杖無で退院
3.リハビリ通院不要
4.術後3ヶ月間装具保護
5.術後普通に生活できます
6.5ヶ月以降スポーツに復帰
 
前十字靱帯(Anterior cruciate ligament;ACL)再建術は1980年代後半から多くの方法が開発され、今日安全に行われる手術となっています。前十字靭帯損傷は一部を除き、ギプス固定では治癒しないこと、放置した場合3〜5年で2次的半月板損傷、さらにそれ以上の年数で変形性関節症変化の合併率が高くなること(下記症例)から、青年〜中年で活動的な方に手術的治療が行われます。手術方法は関節鏡を用いて小さな傷で手術を行います。再建術の入院期間は術後5日間程度です。傷は関節鏡で操作する1cmの孔が2-3カ所、メインの靱帯を固定する部の4-6cm程度の傷のみでできます。術後の腫れもほとんどなく早期に社会復帰できる方法になっています。再建用の採取腱はSemitendinosus tendon(ST腱)とGracilis tendon(G腱)が使用されます。※現在、自家腱に補強人工靱帯をstapleと吸収性スクリューで固定する方法で強固な固定を得られる方法を行っており、松葉杖なしで装具を付けて普通に歩いて退院できます。



43歳女性:ACL損傷後15年間手術しなかった例
左写真:内側の高度の軟骨障害。中央写真:ACL消失と骨棘形成による顆間窩の狭小化。右写真:外側半月板後節水平断裂

 

解剖
正常左膝
右膝
正常ACL
右膝
正常ACL

同左例
   
右膝
損傷ACL
左膝
出血班+
+
同左:大腿骨付着部断裂+ 右膝
細く損傷+

 ☆1重束ACL再建:STG1重束
弛緩した
ACL
フックで緩みが明らか  脛骨トンネル位置決め  大腿骨側
トンネル作成
   
大腿骨内に
腱の誘導
 エンドボタンを確認  腱の骨内
引き込み
完成
       
 ☆2重束ACL再建:STG2重束 
 
 2つの骨孔
開口
完成   AM束  2重束ACL再建
       
  ☆残存靱帯用いたSTG1重束再建 
       
 切れたACL
損傷後19日目
位置決め  骨孔開口   残存靱帯で包んで完成
       
  ☆再建術後ACLの内視鏡像
再建後1年
緩みなし
再建後18M
滑膜に被覆
 再建後18M
左同例
 再建後18M
緊張した腱