診療案内 横浜整形外科クリニック
045-326-3181
 

TOP

診療の案内

院内の設備

院長ご挨拶

交通アクセス

院長から一言

藤沢整形外科
 

   診療時間
9:00~12:30
14:30~18:00
         ◎土曜日診療時間: 9:00~13:00   休診日:水曜日・日曜日・祝日
       ■クリニック受付開始時間:平日午前8:40~/午後14:15~ 土曜日8:40~
       
■リハビリ受付最終時間: 平日午前12:15 /午後18:00  土曜日12:30まで


   ■取り扱い保険  社会保険(共済組合保険・政府管掌健康保険・船員保険) 国民健康保険 老人保健医療 生活保護法医療 
            労働災害保険 自動車賠償責任保険(交通事故・交通外傷・交通事故後遺障害)
   


   ■院長診療:毎日診療(月火木金土;水休診)行っています。全ての整形外科疾患(下記参照)に対応可能。
     ・7日全ての疾患で可能な限りの徹底した保存療法を行います.

     ・比較的空いている曜日と時間帯:月曜日午前/午後・木曜午後・金曜午前/午後                              

     ・土曜日は特に混みますので可能なら平日に来て下さい。


    □ 紹介状および予約は不要です。いつでも上記時間内に来院ください。初診/再診とも予約制はありません
   
 □ 当院の特徴として、年間延べ7万名以上の患者様の経験から徹底した保存療法を行います。諦めないで治療を受けて下さい。

    □ セカンドオピニオンは行っておりませんのでご了承下さい。
    □ 他院で撮影のMRI/CTを持参される場合は初診時に必ず持参ください
。再診時での読影は基本的に不可となります。
    □ MRI/CTは近くの提携MRI・CT専門クリニックにて緊急撮影・予約撮影(日曜祝日も可)できます。
    □ 切り傷の縫合・軟部腫瘍・こぶ・たこ・陥入爪などの簡単な手術は当院で可能です。


院長執刀手術院長は毎週水曜日三愛病院で手術を行っています。いつでも対応できますのでご相談下さい。

   ■ 野村院長の総膝手術経験数は8000例以上です。学会発表・論文数などは150以上になります。(参考:NEW膝関節外科

   ■ 30年以上の経験で現在手術の副作用や合併症もほとんど無く最高レベルの結果とリハビリ通院不要となっております。
   

    ※ 野村院長の膝関節手術をご希望の方は横浜整形外科(水以外)または三愛病院膝専門専門外来(水)に来院下さい。 

    ※ 横浜整形外科クリニックは紹介状不要ですが、三愛病院は紹介状が必要になります。
    ※ 他院でCT/MRIを撮影された方は初診時必ずご持参下さい。X線検査はこちらで行います。


■藤沢分院  
    医療法人栄親会の分院として藤沢整形外科クリニックが藤沢駅北口すぐのスーパーサミット内にあります。
    藤沢分院と緊密に連携を取り、定期検診は横浜整形外科クリニックでリハビリは藤沢分院で行うことなども可能です。 

   

各種整形外科疾患について
       
   
  病気・治療について 外傷・化膿を除き、殆どの病気で軽くに始まります。症状が軽くても重大な病気の始まりのこともあります。どんなに軽い症状でもまずは完全に正しい診断をすることが大切です。その上で最善の治療法を選択していくことが大切です。たとえ様子みることになったとしても治療の選択肢の一つになります。軽いうちに治して行かないと治療に長期を要したり、幾ら治療しても強い症状が続く難治性の状態になります。
  関節再生医療
  (PRP治療センター
PRPとはplatelet-rich plasma(多血小板血漿)の略で自分の血液成分を濃縮した物を罹患関節や筋腱に注射で注入する方法です。当院では筋腱の注射は従来の方法で十分な成績が得られるため採用しておりませんが、膝などの変形性膝関節症、スポーツによる軟骨障害に対してヒアルロン酸などの効果が十分でない例に対しては従来手術的選択しかありませんでしたが、保存療法の選択肢としてこの再生療法を新たに加わえました。このPRP治療は既に世界的に行われており安心して行うことができます。別に脂肪幹細胞注入法も行われるようになっておりますが、この治療費は1関節120~150万円にもなり、PRPの8~10倍の値段になりますが、PRP治療に比し数倍も劇的に上回る効果はないため当院では採用していません。PRPを数回繰り返す方が遙かに効果的ですので、当院ではPRPを是非ともお薦めします。
  骨 粗 鬆 症 骨粗鬆症診断は骨密度計測・脊椎X線、血液検査により行い、現在の状態だけでなく将来の予測もできます。特に女性は閉経後の10年間に急速に悪化することがあります。骨は免疫・記憶・筋肉に密接に関与することが分かっており、骨粗鬆症になることは全ての意味で老化を早めることにつながります。80歳台でも健康な体を維持するためにも60歳代から骨粗鬆症の予防的あるいは早期治療が重要です。悪くなってからでは遅いのです。(詳細)
  関節リウマチ 臨床所見、血液検査や画像検査により診断します。数週間以上続く手首・手指/足首の関節痛や膝肘痛のある方は検査をお薦めします。早期診断が重要になります。リウマチは関節炎を伴うことから内科的な治療とともに関節内注射やリハビリなどの整形外科的治療を併用することが非常に重要です。当院では詳細な最新情報の提供や整形外科的治療や生活指導も含めて多くの経験に基づき治療を行っていきます。 (詳細) (手術治療)
  スポーツ障害 スポーツによる大きな負荷が継続的にかかっておきるオーバーワーク症候群です。膝・足の他、肘や肩の障害が多くなっています。疲労骨折もこれに入ります。軽い例ではスポーツレベルを下げる、休む、薬、リハビリ、装具作成などで軽快しますが、進行例では軟骨が剥がれたり靭帯が損傷し手術が必要になるケースもあります。
  スポーツ外傷 スポーツ外傷はスポーツで起きるけがで、多くは靭帯損傷・捻挫です。スポーツ復帰のために確実に治すこと、早期にスポーツ復帰するために患部を守る装具などを考慮します。特に手関節捻挫・TFCC障害・膝関節捻挫・足関節捻挫・リスフラン関節捻挫などは確実に治療しないと長期に痛みが残りやすくなります。
  変形性膝関節症

  (関節再生医療)
50歳台に多くの方が始まっています。軟骨も摩耗でなく軟骨の傷で始まります。最初は違和感程度やほんの軽い痛みが直ぐに治ったりで始まります。放っておくと徐々に進み5~10年かけてゆっくり進みます。正確に病態を調べ早めに治療を開始することが大切です。軟骨の傷の程度によっては軟骨形成術で進行を食い止め、痛みをとることも可能になっております。ヒアルロン酸注射で効果が少ない場合で強い変形には人工関節などの手術が適応になりますが、手術の前に再生医療のPRP(多血小板血漿)治療を行い効果ある例も多いことが分かってきました。当院では最高濃度(従来の3~5倍濃度に対して当院は20倍濃度)の次世代型PRP治療を採用しました。
⇒(治療概説/手術治療)(PRP関節再生治療)(NEW膝関節外科
  膝関節疾患 膝関節疾患には、変形性膝関節症だけでなく、半月板損傷、軟骨障害、膝蓋大腿軟化症、大腿骨内顆骨壊死、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷、離断性骨軟骨炎、内側側副靭帯損傷、膝蓋靱帯炎など非常に多くの疾患があります。どの疾患でも正確に病態を調べ、軽いうちに治療を開始することが大切です。(NEW膝関節外科)(手術治療
  40肩・50肩 正式病名は肩関節周囲炎。俗に40肩、50肩と言われます。多くは腱板が傷つき、この炎症が滑液包や関節包に及び、ひどいと関節が拘縮します。夜間の痛み、肩が上がらなくなって来たら早めに治療することが肝要です。50肩の98%が手術せずに治ります。高度拘縮例、腱板の完全断裂例でも粘れば殆ど症状はなくなります。また50肩にもPRP治療の有用性が報告され始めました。難治性の50肩では手術前にPRP治療を一度お薦めします。
  脊 椎 疾 患 背骨の痛み、肩こり、手足のしびれ/だるさ/冷え、腓腹部のだるさは脊椎疾患から多く来ます。保存的治療で98%は軽快します。よく知られている腰部脊柱管狭窄症の手術・保存治療の8年後の成績はほぼ同じです。また手術は一時改善しても長期経過後に再び悪化してしまうことも多いため出来るだけ保存的に治すことをお薦めします。
  脊椎手術後の
    後遺障害
脊椎手術後、術前症状の平均約30%が残存します。術後に今までにない痛みやしびれが出現することや術後5年~10年以上経って悪化することもあります。腰部脊柱管狭窄症の再手術率は10年で10~20%あります。当院では多くの治療法を組み合わせて治療します。保存的治療により約95%の方に改善の効果が認められます。
  難治性慢性痛症候群 変形・脊椎障害・多くの障害のほか、手術後でも痛みが強く残ってしまう場合も多くあります。3ヶ月以上続く痛みについては『慢性痛』と呼び、基礎疾患だけでなく中枢神経なども関与して非常に痛みの改善が悪くなってしまう状態になります。米国の研究では慢性痛のある方は痛みのない方に比べ全疾患で死亡率が上がることが分かっています。近年これらに対しては基礎疾患の治療に加えて総合的な治療が必要であるとのことから大学などでは従来のペインクリニックから独立して【疼痛治療センター】などが設立されるに至っています。これは大学でしか出来ないことではなく、基礎疾患に対する十分な検討に加えて薬・注射・電気治療などを組み合わせて治療しますが、痛みの対策のため特殊な薬剤の使用・神経ブロックなどの治療を加えることを検討していきます。特に従来の電気治療は極めて重要です。大学病院ではできない電気治療で薬の料を減らせることが可能です。頸部痛・肩こり・50肩・背部痛・腰痛領域・関節疾患では手術との境界についてより詳しい整形外科医での治療をお勧めします。
  足の外科疾患 足の痛み、しびれ、変形は軽くても何年も放置しますと難治性の障害に進みます。中には足以外の疾病も隠れていることもあります。注射治療、リハビリ、MRI検査、足底装具作製など行います。外反母趾、外脛骨障害、モートン病、足根管症候群、アキレス腱炎、足底筋膜炎、母趾MP関節種子骨障害など。(詳細)
  足底装具作製 臨床所見とX線所見から医師が病態を正確に把握した上で、治療装具専門士が機能的足底装具インナーソールを作製します。装具は健康保険適応で安価に作製できます。扁平足、外反母趾、外脛骨症候群、モートン病、足底筋膜炎など。特に外反母趾・扁平足は軽いうちに治療を開始することをお薦めします。(詳細
  手術について 開院以来延べ50万人以上の患者様の治療を行って来た経験から徹底した保存治療で98%は治癒または軽快・改善します。手術が必要な例は極めて僅かです。ただし保存治療は患部を根本的に治す訳ではありませんので、数回通って治るようなものはまずありません。手術に関しては例えば腰椎椎間板ヘルニアです。手術では脱出したヘルニアを取り除くことはできますが椎間板を完全に元の状態に戻すのではないこと、手術リスク、術後再発リスク、皮膚筋肉切離による医源性疼痛や問題、10-15年以上長期経過後の二次的問題などがあります。手術成績は20年後を保証している訳ではありません。手術しても残存症状で通院している方も多くいます。また再手術のこともあります。長くかかっても保存的に自分の力で治す、軽快させることができたらそれが一番なのです。
   
 

■当クリニックで取り扱う主な整形外科疾患、症状、治療法な
 
   
  注射の種類  ヒアルロン酸注射  ステロイド注射  トリガーポイント  ノイロトロピン注射  硬膜外ブロック 
  外傷・けが  骨折・脱臼  捻挫・ねんざ  靭帯損傷  打撲・うちみ  肉ばなれ
  膝の疾患 変形性膝関節症 膝靱帯損傷 膝蓋骨脱臼 半月板損傷 片側人工関節置換
  離断性骨軟骨炎 特発性膝骨壊死 膝スポーツ障害 前十字靱帯損傷 人工関節全置換
  オスグッド氏病  片側人工膝関節  膝蓋軟骨軟化症  滑液包炎  ベーカー嚢腫 
  関節リウマチ リウマチ診断 抗リウマチ薬 生物学的製剤 血液検査 手術療法
  骨粗鬆症 骨粗鬆症診断 骨密度計測 脊椎圧迫骨折 骨吸収マーカー 骨粗鬆症薬
  脊椎疾患 変形性頸椎症  頸椎神経根症 頸部脊柱管狭窄症  頸椎靱帯骨化症 手足のしびれ 
   腰椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 間歇性跛行 腰椎すべり症 腰椎分離症
  坐骨神経痛 変形性腰椎症 ストレートネック 骨盤のゆがみ 仙腸関節炎
  首肩周辺疾患 50肩/40肩  肩こり  野球肩  頸肩腕症候群  腱板損傷
  肘~手の疾患 へバーデン結節  バネ指/腱鞘炎  野球肘  コレス骨折  テニス肘
  手根根症候群  手のしびれ  TFCC障害 舟状骨骨折 ガングリオン 
  腱鞘内注射 メチコバール  関節内注射  母指CM関節症  デケルバン氏病
  股関節疾患  変形性股関節症  先天性股関節脱臼  大腿骨頭壊死   大腿骨頭辷り症 人工股関節置換術
  単純性股関節炎  股関節唇損傷  腸脛靱帯炎   スポーツヘルニア 鼠径部痛症候群 
  下腿~足首疾患 疲労性骨膜炎  腓骨神経麻痺  筋肉部分断裂  下腿骨骨折  腓骨骨折 
  足関節ねんざ  足首ねんざ後遺症  アキレス腱断裂  アキレス腱炎  衝突性外骨腫
   足の疾患 外反母趾  有痛性外脛骨  陥入爪  扁平足  三角骨症候群 
  距踵骨癒合症 足根管症候群 後脛骨筋腱炎 シーバー病 足のむくみ 
痛風 母趾MP関節炎 足底腱膜炎(踵痛) ひょう疽 リンパ浮腫 
  末梢神経障害 手掌のしびれ 手根管症候群 肘部管症候群 グヨン管症候群 モートン病 
  腱鞘炎 バネ指 デケルバン氏病  上腕骨外上顆炎  テニス肘  後脛骨筋腱炎 
  筋・腱障害  アキレス腱炎 アキレス腱断裂 こむら返り 肉ばなれ  足底筋膜炎 
  スポーツ障害 疲労骨折  疲労性骨膜炎 膝蓋腱炎 腸脛靱帯炎  二分膝蓋骨 
  野球肘 野球肩 オスグッド氏病  三角骨症候群 鼠径部症候群
  骨壊死 大腿骨内顆骨壊死  月状骨骨壊死 舟状骨骨壊死 大腿骨頭壊死 中足骨頭壊死
  軟部腫瘍・他 しこり・こぶ全般  ガングリオン 脂肪腫 滑液囊腫 うおの目
   
     

■当クリニックの主な紹介先病院    <膝関節・腫瘍以外で手術が必要な場合院長の薦める専門家を紹介します>
   
 けいゆう病院  横浜市民病院  横浜脊椎脊髄病センター  済生会横浜市東部病院  済生会横浜市南部病院  県立がんセンター  
 県立こども医療センター  川崎市立川崎病院  横浜市大付属病院  東京医療センター  川崎市立井田病院  昭和大学病院 

 
横浜整形外科クリニック
TEL 045-326-3181  FAX 045-326-3182

  診療案内 当院の理念院長ご挨拶院内設備アクセス 院長業績New膝関節外科Doctor's FilePCR