筋腱靱帯骨折PRP治療
 
PRPとは Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)の略で自分の血液から抽出した血小板に含まれる血漿成分。組織修復を促す成長因子やサイトカインなど多く含むPRPを患部に注射するだけの負担の少ない治療法。超音波装置やイメージ装置を用いてPRPを患部に正確に注入します。
PRP治療 / YouTube 動画 
 PRP概説 PRP作製の実際 
 手部ばね指・腱鞘炎  テニス肘・ゴルフ肘
 手根管症候群  足関節靱帯損傷
 頸部周辺痛  モートン病
 骨折治療図解 骨折治療実際 


PRP治療の適応
①筋腱靱帯の炎症疾患

足底腱膜炎 モートン病 上腕骨内/外側上顆炎(テニス肘/ゴルフ肘) 膝蓋腱炎(ジャンパー膝) アキレス腱炎 アキレス腱周囲炎 野球肘 野球肩 腱鞘炎(手指腱鞘炎・デケルバン氏病) 手関節TFCC損傷 手指関節痛 ヘバーデン結節 母指CM関節靱帯炎 手指関節痛 上腕二頭筋腱炎 肩鎖関節炎 腰部/臀部筋筋膜炎 椎間関節ブロック 仙腸関節ブロック 大腿筋腱炎 ハムストリング炎 オスグッド氏病 腸脛靱帯炎 腓腹部筋炎 手根管症候群 肘部管尺骨神経ブロック ベーカー嚢腫 ガングリオン 
変形性膝関節症に対するMM付着部MCL下関節包内注射・関節下冠状靱帯部滑液包注射・鷲足部近傍滑膜内注射 新治療! 

②外傷/外傷後遺症/骨折の治癒促進
膝関節靱帯損傷 前十字靭帯損傷 足関節捻挫 足関節捻挫後遺症(足根洞症候群) アキレス腱断裂 手根骨靱帯損傷 肉離れ 腰椎分離症 疲労骨折 
骨折 偽関節 疲労骨折 


筋腱靱帯炎症性疾患対する治療は従来、薬やリハビリなどの保存療法を2~3ヶ月以上継続しても症状が強く残る場合には手術を検討します。しかし、PRP治療の出現により手術に至る方は1/10以下になっています。これはイメージや超音波診断装置(超音波装置ガイド下注入)などにより正確に患部に注射が出来るようになったことも大きく影響しています。一方、保存治療を数ヶ月やってその結果を待つよりPRP治療を最初から行う方が非常に多くなりました。標準的保存治療は週2~3回の薬・リハビリ・注射などの治療を数ヶ月間継続します。軽いばね指でも数ヶ月以上かかります。患者様にはこのことが案外知られていません。保存治療の時間を知れば安全強力な治療で早くに改善するPRP治療は画期的と認識されるはずです。しかも従来の治療で難治の病気も著効します。坐骨部ハムストリング筋腱付着部の炎症で数カ所の病院で2年間体外衝撃波など含めて多種多様の治療を行っても全く治らなかったケースです。当院のPRP治療を2~3週毎3回施行し痛みは2/10に改善しました。骨折ではPRP治療を1~3回(小さな骨では1回、大きな骨では2~3回)行い回復を格段に早めることが可能となっています(骨折治療実際動画)。上腕骨複雑骨折で病院でのプレート手術治療を断って当院での保存治療を希望されたケースです。ギプス固定・超音波治療・PRP治療3回を行ったところ手術せずに8週で骨癒合良好になりました。手術した場合の治療期間(4~6ヶ月)を驚くほど短縮でき、プレート固定の大きな傷やプレート抜去の再手術も必要なく治癒しました。骨折の早期治癒は拘縮などの治癒に1年以上かかる2次的障害も防ぎます。筋腱靱帯骨折領域に対する保存治療は軽い治療あるいは自然治癒をゆっくり根気よく長い間治療せざる終えなかった従来の治療から安全強力なPRP治療を早期から積極的に組み合わせて治癒率を上げ従来の2~5倍のスピードで早期に治す治療体系に移っています。PRP治療は整形外科の保存治療を大きく変える革新的治療法です。


治療の流れ 横浜整形外科のみ)
採血⇒ 遠心分離⇒ 注射 ⇒ 注射後すぐ帰宅
※採血から注射まで30~45分程度で帰れます


■単位数:1単位か2単位のどちらが適切か
 疾患・炎症程度・炎症範囲などから決定します




治療費用 横浜整形外科のみ)
  
1単位/1ヶ所 (採血11ml/PRP1~2ml) 
     27,000円(税別)  

2単位/1ヶ所 (採血22ml/PRP2~4ml)
 
     35,000円(税別) 

 ▣ 電話予約 横浜整形外科
 ▣ WEB予約 予約サイト/えみでる

▣ 初診で筋腱PRPをご希望の場合は、PRP費とは別に初診料2700円
税別がかかります。
▣ 2020.10~2024.3の筋腱PRPの実績:1025件
 
神奈川県内トップクラス、最近は患者様が激増しています
  国内でもトップクラスの症例数です。


※厚労省計画番号:PC3200159
(2020年10月7日認可)



当院のPRPは厚労省認定・米国FDA認定のベリタス社製MycellsPRPキットを使用しております。これは日本では1000施設以上で採用になっております。病態は軽度から高度までありますので3回の注射を基本とします。1回で十分な効果が出た場合はもちろん中止します。繰り返す場合は4~8週間空けて行います。肉離れや靱帯損傷、骨折のような場合は1週毎1~3回(回数は損傷の広がりや骨折の程度によります)注射すると治癒を格段に早めます。当院のPRP価格は別に血液検査料などもなく格安で提供します。


 
2020年12月の産経新聞掲載記事
2021年3月号NewsWeek 再生治療特集の
当医療グループ掲載記事
再生医療を行っている世界的整形外科病院
    Hospital for Special Surgery

     
Darrow Stem Cell Institute
 
PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、TFCC、半月、、