関節PRP治療
PRP種類と量
横浜整形外科 藤沢整形外科




最新の研究からPRP(Platelet-rich Plasma;多血小板血漿)には成長因子やサイトカインなど300種類以上もの生理活性物質が含まれていることが判明しています。

PRP中の生理活性物質

①血小板由来成長因子(PDGF):細胞増殖・血管新生・コラーゲン再生 ②インシュリン様成長因子(IGF-1):細胞動員・細胞増殖サイクル調整 ③血管内皮細胞増殖因子(VEGF):血管内皮細胞の増殖・血管再生促進 ④線維芽細胞増殖因子(FGF):血管再生・創傷治癒に関わる成長因子 ⑤上皮細胞増殖因子(EGF):創傷部血管再生・線維芽細胞創傷修復刺激  ⑥形質転換成長因子(TGF-β):上皮細胞の増殖・血管内皮細胞の増殖・など
 
 
PRP適応疾患
変形性膝関節症、半月板損傷、変形性足関節症、変形性肘関節症、変形性股関節症、膝蓋骨軟骨障害、50肩障害、腱板断裂、大腿骨内顆骨壊死、大腿骨頭壊死など

PRP研究

世界的に研究が盛んに行われるようになっています。PRP治療のほかiPS細胞・体性幹細胞の再生医療研究は国を上げて進められています(
PRP療法研究会PRP幹細胞研究会)。整形外科分野では関節疾患に先行して筋腱靱帯に対するPRP治療が行われその有効性が認められると共に特にスポーツ選手の早期復帰を目的としての治療が進歩しました。米大リーグの田中将大投手が肘内側側副靱帯の部分断裂に対してPRP治療をやって見事復活したことを覚えているかと思います。一方、大谷翔平投手はPRP治療が効果無く手術となりました。しかし、従来なら手術しかない病態で手術の前に一度行ってみてだめなら手術という選択肢が増えたわけです。変形性膝関節症でヒアルロン酸注射を含めた保存療法を行っても効果がなくなった場合は人工膝関節などの手術が行われていましたが、手術前にPRP治療を行う選択肢も可能となったわけです。変形性膝関節症の治療に自分の血液から抽出し副作用も殆どないPRP治療が出現したことは画期的なことです。

PRP治療の文献的概説
変形性膝関節症に対してPRP治療を行った研究ではヒアルロン酸や生理食塩水を対照群としたランダム化比較試験で軽度から中程度の変形性膝関節症に対する鎮痛効果が明らかになっています。動物実験ではPRP関節内注射は軟骨損傷を修復し、軟骨のバイオメカニクスや軟骨細胞の増殖を有意に改善することが証明されています。最新のsystematic reviewでもPRP治療はヒアルロン酸注射より優れており悪化のケースはなかったと報告されています。PRPにはfrozen PRPかfresh PRP、leukocyte-poor PRP(LP-PRP)かleucocyte-rich PRP(LR-PRP)によりタイプ分けされています。当院が採用している細胞作成研究所のPRPはfrozen PRP+leucocyte-poor PRPでCerza(AJSM 2012)やVaquerizo(Arthroscopy 2013)によって有用な結果が報告されています。David (J Orthop Traumato, 2018) はleucocyte-poor PRP注射後52Wでヒアルロン酸注射と鎮痛剤の治療より有効であることを報告し、PRP治療は注射後約1年後でも効果的であることが証明されています。Leucocyte (白血球) の存在は痛みや腫れの悪化の要因であるとの報告もありますが、悪化の要因になっていなかったとの報告もあります。Zimmer社のAPSはhigh concentration of leucocytesを含むため変形性膝関節症治療に理想的でないという意見がありますが、一方LP-PRPとLR-PRPの比較研究では有意差がなかった報告もあります。LP-PRPとLR-PRPのどちらがいいかについてはまだ議論の多いところです。しかしながら、多くの良好なPRP治療の研究結果により世界的に広く普及しています。軟骨だけでなく半月板損傷(Caring Medical)にもPRP治療は有意な効果を与えることも報告されています。米国では毎年85万件の半月板手術が行われていますが手術後の再手術率は29%にも及ぶことからPRP治療が第一選択肢になってきています

PRP治療適応と説明 
変形性膝関節症の診断は一般にX線分類でのKellgren-Laurence分類で行われます。一般にグレード I~III(軽度~中高度)までがPRP治療の適応になります。その上のグレードIV(高度)で人工関節しかないと言われてた方でも人工関節は避けたいとのことで手術前に一度試みるという選択肢も可能となります。変形は軟骨の損傷や変性に始まりそのタイプは多種多様です。ある種の軟骨損傷タイプでは最初に軟骨形成術を行い後にPRP治療をお薦めする場合もあります。軟骨形成術とは人工関節と違い自分の軟骨を温存する手術です。変形性関節症を詳細に検討することでPRP治療の結果は極めて効果が高くなりますので膝関節手術経験豊富な膝関節専門医でのPRP治療をお薦めします。PRP治療は人工関節と違い何度でも繰り返すことができます。膝関節以外の全ての関節でも同様の効果が期待できます。変形とは30~50歳代の関節のわずかな軟骨の亀裂や変性によって軟骨障害が始まり、それが10~30年かけて徐々に悪化していきます。変形は相当に進んでからでは改善も当然悪くなります。軽いうちに治療を行えば行うほど治療効果は高くなります。スポーツを継続する方は非常に強い衝撃が繰り返し加わる訳で傷ついた軟骨の修復は自らでは殆ど不可能ですので軽度なうちに早めにPRP治療を行うことが最善の方法になります。40歳以下の膝関節障害についてはヒアルロン酸注射は保険適応にならず、足関節や肘関節はステロイドしか保険適応になっていません。軟骨障害は急に進むわけでなくゆっくりと何年もかけて進んでいきますので軽度なうちから早めの治療を推奨されます。

当グループ採用のPRP治療の特徴
 
①当院のPRP治療は世界最高20倍濃縮で且つ安定した品質の次世代型PRP法を採用。かつ2回PRP関節注射を行うことより治療効果を倍増できます。②PRP治療の効果は2~3週間以後より始まり3~6ヶ月まで継続します。③PRP治療は自分の血液のため繰り返し行うことも問題なく可能です。繰り返す場合は一般に6ヶ月~空けて行います。

新しいPRP治療の考え方 
変形性膝関節症治療に新たにPRP治療が加わったことにより治療の選択肢が非常に豊富になりました。今まで保存的治療を行って効果の少ない方がPRP治療に切り替え奏効する場合は今までのように2~4週間毎のヒアルロン酸注射を中止し6~12ヶ月毎に1回のPRP治療に切り替えることも可能です。軟骨は血行がないため軽いうちに治すのがよく最初から積極的にPRP治療を行う方が多くなっています。
A. 今までの治療方針:
保存的治療⇒ 人工関節
B. 新しい治療方針:①保存的治療⇒ PRP治療 ⇒ 保存的治療 ②保存的治療⇒ PRP治療繰り返す ③最初からPRP治療⇒ 治癒 or 6~12ヶ月に一度繰り返す ④保存的治療⇒ 手術的治療(軟骨形成術)⇒PRP治療 ⇒保存的治療 ⑤保存的治療⇒ 人工関節

世界のPRP治療センター
Hospital for Special SurgeryHarvard medical schoolOrthohealing CenterMayo ClinicDarrow InstituteArthritis-healthThe Knee Clinic

他の再生医療について 
PRPの他に脂肪培養幹細胞注射、骨髄幹細胞注射などが欧米で始まってきていますが、非常に高価です。例えば脂肪培養幹細胞は日本の幾つかの施設では125~150万にもなります。そのため当院では現在採用していませんが、低価格での培養法を確立できたことから2021年秋以降に導入予定です。脂肪幹細胞治療





RP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、RP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、RP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、RP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、血小板、PRP、PRP、PRP、PRP-FD、PRP-FD、APS、APS、横浜、横浜、横浜、膝、膝、膝、藤沢、藤沢、東京、東京、東京、東京、血小板、血小板、