診療案内 医療法人社団栄親会 藤沢分院
藤沢整形外科クリニック

TEL: 0466-28-5310
 

TOP
 

 
 診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:00
 
      ◎土曜日診療時間: 9:00〜13:00   休診日:水曜日・日曜日・祝日   
               
       
医師診察最終受付時間: 平日午前12:30迄  午後17:45迄   土曜日12:45迄
       
クリニック受付開始時間:平日午前 8:40〜  午後14:15〜   土曜日 8:40〜
                     

         
診察予約・初診の紹介状は不要です。
         ■
当院は初診/再診とも予約制でありませんのでご都合のよい時にいつでもご来院下さい。
         
C
T/MRI他院で撮影された方は初診時必ずご持参下さい。
         ■CT/MRIは当クリニックから直ぐ近くの提携放射線専門クリニックにていつでも撮影できます。

         ■手術:簡単な軟部腫瘍、陥入爪、切り傷などの手術は当院で行いますのでご相談下さい。


■保険取り扱い   社会保険(共済組合保険・政府管掌健康保険・船員保険) 国民健康保険 老人保健医療 生活保護法医療 
             労働災害保険 自動車賠償責任保険(交通事故・交通外傷・交通事故後遺障害)


 

■横浜本院     医療法人社団栄親会の本院である横浜整形外科クリニックはJR横浜駅から徒歩圏内にあります。
          
  横浜本院と緊密に連携を取り、リハビリは横浜本院で行うなども対応可能ですのでご相談下さい。

 
   


各種整形外科疾患の詳しい説明
  骨粗鬆症 最新の診断は、骨密度計測・脊椎X線計測、骨代謝マーカーにより行います。最近の研究で骨粗鬆症は@骨密度低下型、A骨質劣化型、B複合型@+A、の3タイプがあることが判明し、それぞれに合わせた治療が必要となっています。80歳台でも健康な体を維持するためにも、骨粗鬆症の予防が極めて重要です。(詳細)
  関節リウマチ リウマチ因子、抗CCP抗体など血液検査により迅速に診断。早期RAにはMRI検査も。早期診断・早期治療が必要な疾患です。4~6週間以上続く関節痛のある方は早めの検査をお薦めします。毎月第1土曜日にリウマチ学会専門医によるリウマチ外来を行っております。院長も対応できますのでいつでもご来院下さい。(詳細)
  スポーツ障害 スポーツ障害はスポーツにより大きな負担がかかっておきるオーバーワーク症候群です。スポーツの種類により負担のかかる部位が大きく異なって来ます。負担のかかる場所を見つけ、それを保護し悪化を防ぐ装具の作製を行ったり、炎症が強い場合にはスポーツ中止や炎症止めの強力な治療を行って行きます。
  スポーツ外傷 スポーツ外傷はスポーツで起きるけがで、多くは靭帯損傷・捻挫です。スポーツ復帰のために確実に治すこと、そして通常より早期にスポーツに復帰するために患部を守る装具の作製などを考慮します。特に足関節捻挫・リスフラン関節捻挫などの足周辺の捻挫は確実に治療しないと長期に痛みが残りやすくなります。
  変形膝関節症 50歳台に多くの方が始まっています。軟骨も摩耗でなく軟骨の傷で始まります。最初は痛みは軽く始まりすぐにとれるを繰り返して5〜10年かけてゆっくり進みます。正確に病態を調べ早めに治療を開始することが大切です。軟骨の傷の程度によっては軟骨形成術で進行を食い止め、痛みをとることも可能になっております。ヒアルロン酸注射で効果が少ない場合には人工関節などの手術が適応になりましたが、手術の前にPRP(多血小板血漿)治療を行い効果ある例もあることが分かってきました。当院では2019年1月より最高濃度の次世代型PRP治療を開始します。(詳細)(手術治療)(PRP治療
  肩関節周囲炎 40〜50歳台に多いので俗に40肩、50肩と言われます。多くは腱板が傷つき、この炎症が回りの滑液包や関節包に及び、ひどいと関節が拘縮を来してきます。夜間の痛み、肩が上がらなくなって来たら早めに治療することが肝要です。50肩の98%が手術せずに治ります。高度拘縮例、腱板の完全断裂例でも粘れば殆ど症状はなくなります。手術した場合でも長期の後療法が必要になりますので出来るだけ保存治療で回避すべきです。
  脊椎脊髄疾患 腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎辷り症、頸椎神経根症、頸椎椎間板ヘルニア。
首、背中、腰の痛み、肩こり、手足のしびれ/だるさ、ふくらはぎが重いは脊椎疾患からくることが多く、X線・MRI検査で診断できます。可能な限り手術を回避すべく保存的に治療すべきです。例えば、腰部脊柱管狭窄症の手術例・保存治療例の8年後の成績はほぼ同じであることが判明しています。このように手術は一時改善しても長期経過後に再び悪化してしまうことも多いことから出来るだけ保存的に治すことが薦められます。
  脊椎手術後の
    後遺障害
脊椎手術後、術前症状の約30%が残存します。術後10年以上経って新たに現れる痛みや症状もあります。当クリニックでは多くの治療法を組み合わせて治療していきます。ペインクリニックで行われる硬膜外ブロック法なども積極的に行っております。約95%の方に改善の効果が認められます。一度ご相談下さい。
  ペインクリ
     ニック
麻酔科医を主体とするペインクリニックがあります。神経ブロックや薬・電気治療などを組み合わせて治療しますが、当院でももちろんペインクリニックで行うことは殆どが可能です。頸部痛・肩こり・50肩・背部痛・腰痛領域ではより専門的な整形外科医のペインクリニック療法をお勧めします。
  足の外科疾患 足の痛み、しびれ、変形は軽くても何年も放置しますと難治性の障害に進みます。中には足以外の疾病も隠れていることもあります。注射治療、リハビリ、MRI検査、足底装具作製など行います。外反母趾、外脛骨障害、モートン病、足根管症候群、アキレス腱炎、足底筋膜炎、母趾MP関節種子骨障害など。(詳細)
  足底装具作製 臨床所見とX線所見から医師が病態を正確に把握した上で、治療装具専門士が機能的足底装具インナーソールを作製します。装具は健康保険適応で安価に作製できます。扁平足、外反母趾、外脛骨症候群、モートン病、足底筋膜炎など。特に外反母趾・扁平足は軽いうちに治療を開始することをお薦めします。(詳細
  手術について 保存治療で99%は治癒または軽快します。手術が必要な例は極めて僅かです。保存治療は根本的に治す訳ではありませんが、例えば腰椎椎間板ヘルニアです。手術では脱出したヘルニアを取り除くことはできますが、椎間板を完全に元の状態に戻すのではないこと、手術自体のリスク、術後再発リスク、皮膚筋肉切離による医源性疼痛や問題、15年以上長期経過後の二次的問題の発生などがあります。手術せずに長くかかっても保存的に自分の力で治すことができたらそれが一番です。
   
   

当クリニックで取り扱う主な整形外科疾患、症状、治療法など  <下線はクリックで詳細ページへジャンプします>  
 
   
  注射種類  ヒアルロン酸注射  ステロイド注射  トリガーポイント  ノイロトロピン注射  硬膜外ブロック 
  外傷・けが  骨折・脱臼  捻挫・ねんざ  靭帯損傷  打撲・うちみ  肉ばなれ
  膝の疾患 変形性膝関節症 膝靱帯損傷 膝蓋骨脱臼 半月板損傷 片側人工関節置換
離断性骨軟骨炎 特発性骨壊死 膝スポーツ障害 前十字靱帯損傷 人工関節全置換
  オスグッド氏病  片側人工膝関節  膝蓋軟骨軟化症  滑液包炎  ベーカー嚢腫 
  関節リウマチ リウマチ診断 抗リウマチ薬 生物学的製剤 血液検査 手術療法
  骨粗鬆症 骨粗鬆症診断 骨密度計測 脊椎圧迫骨折 骨吸収マーカー 骨粗鬆症薬
  脊椎疾患 変形性頸椎症  頸椎神経根症 頸部脊柱管狭窄症  頸椎靱帯骨化症 手足のしびれ 
   腰椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 間歇性跛行 腰椎すべり症 腰椎分離症
  坐骨神経痛 変形性腰椎症 ストレートネック 骨盤のゆがみ 仙腸関節炎
  首肩周辺疾患 50肩  肩こり  頸肩腕症候群  野球肩  腱板損傷
  肘〜手の疾患 へバーデン結節  バネ指  腱鞘炎  コレス骨折  テニス肘
  手根根症候群  手のしびれ  TFCC障害 舟状骨骨折 ガングリオン 
  腱鞘内注射 メチコバール  関節内注射  母指CM関節症  デケルバン氏病
  股関節疾患  変形性股関節症  先天性股関節脱臼  大腿骨頭壊死   大腿骨頭辷り症 人工股関節置換術
  単純性股関節炎  股関節唇損傷  腸脛靱帯炎   スポーツヘルニア 鼠径部痛症候群 
  下腿〜足首疾患 疲労性骨膜炎  腓骨神経麻痺  筋肉部分断裂  下腿骨骨折  腓骨骨折 
  足関節ねんざ  足関節靱帯損傷  アキレス腱断裂  アキレス腱炎  衝突性外骨腫
   足の疾患 外反母趾  有痛性外脛骨  陥入爪  扁平足  三角骨症候群 
  距踵骨癒合症 足根管症候群 後脛骨筋腱炎 シーバー病 足のむくみ 
痛風 母趾MP関節炎 足底腱膜炎(踵痛) ひょう疽 リンパ浮腫 
  末梢神経障害 手掌のしびれ 手根管症候群 肘部管症候群 グヨン管症候群 モートン病 
  腱鞘炎 バネ指 デケルバン氏病  上腕骨外上顆炎  テニス肘  後脛骨筋腱炎 
  筋・腱障害  アキレス腱炎 アキレス腱断裂 こむら返り 肉ばなれ  足底筋膜炎 
  スポーツ障害 疲労骨折  疲労性骨膜炎 膝蓋腱炎 腸脛靱帯炎  二分膝蓋骨 
  野球肘 野球肩 オスグッド氏病  三角骨症候群 鼠径部症候群
  骨壊死 大腿骨内顆骨壊死  月状骨骨壊死 舟状骨骨壊死 大腿骨頭壊死 中足骨頭壊死
  軟部腫瘍・他 しこり・こぶ全般  ガングリオン 脂肪腫 滑液嚢腫 たこ
   
     

■当クリニックの主な紹介先病院    <膝関節・しこり/軟部腫瘍以外で手術が必要な場合院長の薦める専門家を紹介します>
   
 藤沢市民病院   茅ヶ崎徳州会病院   湘南中央病院  済生会南部病院   平塚市民病院   メディカルスキャン 
 
医療法人社団栄親会 藤沢分院
藤沢整形外科クリニック

〒251−0052 神奈川県藤沢市藤沢610-1 サミット2F
JR/小田急藤沢駅より徒歩2分 江ノ電藤沢駅より徒歩5分
TEL 04566-28-5310  FAX 0466-28-5311

   横浜整形外科本院診療案内当院の理念院長ご挨拶院内設備アクセス 病院なび病院なび三愛病院